酒呑童子とったどー

Pretty, Cat

ということで遂にとったどー

人物のアイコン素材 その5

唐突に始まりましたね
京刀のナユタのことですね

Pretty, Cat

そうなのにゃー
無理ゲーかと思っていたが一周年記念ガチャで安倍晴明を手に入れてから戦力アップ
遂に決戦の刻が来たのにゃー

人物のアイコン素材 その5

ちっこい方は取れてましたが傀儡体の鬼タイプはハードでしたね

Pretty, Cat

ちなみに編成はこんな感じにゃ
馬と入月ちゃんがいい仕事をしてくれているにゃー

IMG_E1786
人物のアイコン素材 その5

ねこたま、馬で防御、遠距離から入月、頼上、越知、晴明で撃破という感じでしょうか

Pretty, Cat

そんな感じにゃ
最後はぶんぶん先生でフィニッシュにゃー

人物のアイコン素材 その5

ぶんぶん先生は必要ですかね

Pretty, Cat

まあ気分ってことで

人物のアイコン素材 その5

新しく配信された6章はどうでしょうか

Pretty, Cat

超デカイ巨大鬼に大苦戦にゃー
20話はクリアにしばらく時間がかかりそうにゃー

人物のアイコン素材 その5

6章で一旦完結らしいので最後の大決戦といった様相を呈してますからね
超ハードな敵ばかりになりそうです

Pretty, Cat

雷光キャラをもっとパワーアップしないと無理かもしれん
というか500MBダウンロードとか 6章 クリアしたら何が待っているのかしら

人物のアイコン素材 その5

wifi ないとパケ死になりそうです

Pretty, Cat

クリアできそうにないから寄り道でサボってた破ノ編をやっていたらおっさんと七穂を大量ゲットなのにゃー

人物のアイコン素材 その5

なんか圧巻ですね

Pretty, Cat

ロマンスグレーの中高年者とどこか儚げな美少女、なにやらエロいですなあ

人物のアイコン素材 その5

個人的な感想です

Pretty, Cat

「どうだい七穂君、刀魂開放はできているかい?」
夕暮れの道をうつむき加減に歩いていた七穂に堪らず声をかけてしまった。
一方、突然に神刀鍛冶の倉橋正永に背後から声をかけられドキッとした七穂は心拍数が少し上がった。
「正吾の御父様いつもお気遣いありがとうございます
日々鍛錬に励んでいるのですがどうもうまくいかなくって・・・・・・・
わたし、やっぱり神刀使いに向いてないのかな」
「正吾からは聞いているよ 頑張っているそうだね」
「いつもみんなに迷惑をかけているだけで本当に申し訳なくて・・・」
「そんなことはないよ みんな七穂君の努力は知っているよ
・・・神刀鍛冶の立場から意見を言わせてもらうと、もしかしたら今の神刀との相性が良くないのかもしれない」
「ええ~どうしよう」
「・・・ちょうど新しい神刀が手に入ったのだが七穂君に合うかもしれない。試してみるかい? 」
「ありがとうございます御父様。是非お願いいたします」

人物のアイコン素材 その5

なんか嫌な予感が

Pretty, Cat

日が落ちていく中、寂しい場所にある正永の離れに到着した。
綺麗な畳敷きの部屋に通された。中は純和風の立派な作りだが生活感はない。
「御父様 早速ですが神刀を見せてもらってもいいですか?」
期待感を瞳に含ませて見上げるように正永に催促する七穂。
「まあ落ち着き給え七穂君 夜は長いんだ・・・」
「・・・?」
キョトンとして正座する七穂は正永が障子を閉める様子を只々ボーッと見ているだけだった。
閉め終わった正永は七穂の前に仁王立ちになると勢いよくジッパーを開けてこう呟いた。
「さて、これが君の見たがっていた神刀だよ」
きゃぁっ
「もうこんなにそそり勃ってしまっているよ
さあ、触って相性を確かめてごらん」

人物のアイコン素材 その5

だからやめろって 妄想は

Pretty, Cat

「やあ七穂 最近父さんと秘密特訓しているんだって?
気になってこの間覗いてみたんだけど・・・
そのときに撮ったこの写真、みんなにバラされたくなかったら・・・
どうすればいいかわかるよね?」

人物のアイコン素材 その5

親子でかよ
じゃなくて やめろ

Pretty, Cat

とまあ こんな感じで
7章はパラレルワールドが進んでいくのではないかと

人物のアイコン素材 その5

パラレルワールドというより同人だな

Pretty, Cat

なんかやる気が出てきた
頑張ってキャラを育成するにゃー

人物のアイコン素材 その5

・・・ああ 頑張れよ